新潟レイクと、基準残高の意味

新潟県で見てみるとレイクは点在、という様子に見えますが新潟市内となるとレイクは多くなってきます。
もちろんここ新潟でもレイクは駅前にもありますので探す必要はなさそうです。

無利息期間はありますが、期間が終了すると金利は通常通りに戻ります。
最初に利用するときには無利息でキャッシングができますが、普段使いにも使っていくことを考えてレイクの金利を見ておきましょう。

レイクの金利は新生銀行ではあるものの消費者金融と同程度の金利になっています。
200万円を超える融資限度額になると金利は銀行並みに低くなってはくるものの、通常はそれほどの大きな融資限度額になることはありません。
そのためやはり消費者金融程度の金利になると考えておかなくてはならないでしょう。
基準残高が100万円未満で15.0%~18.0%の金利となります。
基準残高が100万円以上200万円以下で12.05~15.0%の金利となります。
どうでしょう、金利だけを見てみると大きなメリットがないことがわかります。
一般的な消費者金融でもこのくらいの金利となるでしょう。

さてここで気になったのは基準残高という言葉ではありませんか?
通常は借入残高、利用残高という言葉が使われるものですがこの基準残高というのは現状の借入残高を対象とするものではなく、レイク審査を利用中に達した最高借入残高を基準残高としています。
そのため一度でも借入残高が100万円を超えることがあれば12.0%~15.0%が適用利率として使われていくことになります。