エタラビでのvio脱毛、痛みについて

サロンで全身脱毛の施術を受ける際に、心配なことは痛みではないでしょうか。
エタラビで使用している光脱毛は、痛さはよく輪ゴムではじくような感じと表現されます。これが痛いかどうかは、個人差がありますが、事前に覚悟ができていれば、そこまでの痛みとは思わないと思います。
もちろん体質によって、赤くはれたり、痛さに我慢できないということもあるかもしれませんが、ただ、びくびくしていると、よけいに神経がぴりぴりとして、過剰反応してしまいます。
ただ、vioなどの敏感な部分や毛が太くて濃い部分は、痛みを感じやすいかもしれません。

脱毛のトラブルでよくあるものは、赤くはれたり、かぶれたなどです。
エタラビでは、施術前に肌をきちんとチェックして、施術時に専用のジェルで肌を保護しますから、大きな術後のトラブルはありません。
vioは、もともと神経が集中していることや、肌が比較的薄い部分ということもあり、施術時に痛いと強く感じる部位ですが、決して我慢できないようなものではないので、誰でも受けることができる施術といえます。
脱毛時の痛さを軽減するには、事前にある程度ムダ毛をカットしておき、生理前を避けることが大事です。
脱毛箇所が変わっても、照射している機械は同じですから、黒い色素に反応していることから、ムダ毛の長さが長ければ長いほど、黒部分に反応する範囲が広くなってしまいます。
あらかじめ短くカットしておくことで、軽減することができます。
また、生理前になると、肌は敏感になりますから、施術を受ける際には、生理前を避けるようにしましょう。