おまとめローンと過払い金返還請求

借金を一本化して金利を下げ、返済金額を減らすことができる銀行のおまとめローンは、多重債務者にとって生活を立て直すことができる心強い手段です。しかも、債務整理と違って信用情報に傷がつくことがないので、もしまたお金が必要になってもすぐに申し込むことができます。いろいろと便利ですが、実は隠れたところで少し損をしているケースがあります。

おまとめローンで融資を受けると、そのお金で今ある借金を一括返済することになります。これは融資を受けた本人、あるいはおまとめした金融会社から以前利用していた金融会社へ直接支払われます。支払われる金額は、借入残高そのままの金額になり、利用者はこの金額をおまとめした金融会社へ支払っていくわけです。こう見ると普通のことなのですが、長期間――2010年以前から継続して取引を行なっている方はこのまま返済すると損をすることがあります。

2010年以前、つまり賃金業法の改正が行なわれる前から取引をしている方は、グレーゾーン金利を適応されているため、過払い金が発生している可能性があります。おまとめローンは債務整理ではないので引き直し計算が行なわれず、支払いすぎた利息もそのままに借入残金を全て支払うということになります。引き直し計算が行なわれていれば、支払いすぎた分のお金を計算に入れて返済額が決定されるので、返済額をさらに減らすことができますが、残念ながらおまとめローンではそれができないのです。

しかし、おまとめローンを利用しても過払い金返還請求自体は行なうことができます。しかも、過払い金返還請求はブラック情報として記録されないという大きなメリットがあります。取引終了、つまり完済してから10年以内であれば手続きを行なえるので、おまとめローンで完済したあと手続きを行なうと良いでしょう。戻ってきたお金をおまとめローンの返済に回せば、さらに返済が楽になるのでうまく活用しましょう。

過払い金返還請求は、専門家に頼む必要があるので費用がかかること、返還されるまでにそれなりの時間を要すること、過払い請求した金融会社が利用できなくなる可能性があるというデメリットがあります。しかし、おまとめローンと過払い金返還請求を併用することでブラック情報に載らずに借金を完済できるのであれば、活用しない手はないでしょう。